七五三撮影プラン

「厄払い」の儀式、七五三。お子様の健やかな「成長の記録」として。

「七五三」の写真撮影について
七五三はお子様の晴れ舞台。
衣装を着るとお子様もいつもと違った表情をされるはず。
お子様の成長を実感できる機会かも知れません。
女の子は3歳と7歳、男の子は3歳と5歳の時にお祝いします。
大切な節目に成長の記録を素敵なお写真で残しましょう。

七五三の伝統と歴史
七五三とは、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の11月15日に、健やかな成長を願って氏神様にお参りにいく行事です。
旧暦の11月15日は二十八宿の「鬼宿日」で最良の日とされていたことからこの日が七五三のお祝いの日になりました。
七五三のマメ知識
神社で七五三のお祝いをしてもらう場合はあらかじめ所務所に申し込んでおきます。
蝶結びの水引をかけた祝儀袋に「初穂料」「御玉串料」と表書きし、お金を納めます。
お参りする日は11月15日だけにこだわらず、10月・11月のご家族の都合が良い時に行かれる方が多いです。
本来は数え年で七五三のお祝いをされてきましたが、最近では満年齢でされる方も増えてきました。
3歳の七五三 髪置(かみおき)の儀
昔は3歳まで髪を伸ばさず剃るのが一般的で、ちょうど3歳から髪を伸ばし始めたことから、「髪置の儀」と呼ばれています。
5歳の七五三 袴着(はかまぎ)の儀
男の子が袴を身につけることで、幼児から子どもへと成長した事を祝う儀式です。
7歳の七五三 帯解(おびとき)の儀
それまで着物を留めるのに紐を使う方法から、大人と同じように帯が結べるほど大きくなった事を祝う儀式です。
info_ibg
info_tbg

撮影メニュー

  • 所沢創寫館 スタッフブログ
  • 糸魚川創寫館 スタッフブログ